IMG_2214.jpg

高校卒業後に渡英、1998年英国芸術大学グラフィックデザイン学科卒業。

その後、14年間ロンドンにて数々のクリエイティブエージェンシーに所属し、様々なグローバルブランド (ホンダ、P&G、ナイキ、ジャガー、英国オリンピック委員会など) のデジタル戦略立案と制作を手がけた。デザインチームの最高責任者として、チームを拡大し、運営。クリエイティブディレクションを通し、多くのデザイナーを育成した。

数多くのプロジェクトを成功させたのち、2012年より2年間の世界放浪へ。アジア、中南米、アフリカ大陸を巡りまわった後、2014年に日本に帰国。

東京でクリエイティブディレクターとしてフリーランスで活動開始。キヤノン、パナソニック、リクルートグループ、セブン&アイ・ホールディングスなど、日本を代表するナショナルブランドのデジタルデザインプロジェクトを遂行。また、同時にブランディング会社、デジタルマーケティングベンチャーなどにてコンサルタントとして従事。クリエイティブ事業づくりや、自社ブランディングの改善、新規クライアント獲得、またデザイン領域における採用・育成などを担う。

Wantedly Profile:Click here


Born in Japan in 1975. At the age of 18, Namba moved to England. Graduated from the department of Graphic Design, and spent the following 14 years in London creating digital projects for the likes of Honda, P&G, Nike, Jaguar, British Olympic Association, and many more. 

Also as a department head at creative agencies such as Digitas and Collective London, Namba was responsible for operational and new business development, and an accomplished people manager providing leadership, inspiration and mentorship to his teams.

In 2012, Namba left for a 2 year-long world travel. After trotting across Africa, Asia, and South America, he retuned to Japan in 2014. As a freelance creative director in Tokyo, Namba has since worked on digital projects for national brands such as Canon, Panasonic, and Seven & i Holdings. 

At the same time, he works as a freelance consultant, helping Tokyo-based venture companies rebrand, hire and nurture designers, grow creative offerings and win new clients.

LinkedIn Profile:Click here